ダイビングに関する情報が満載!

大切な贈り物だから枯れない方が良い!

大切な贈り物だから枯れない方が良い! 今、誕生日など様々なお祝いのプレゼントに、プリザーブドフラワーを渡す人が多くなってきています。
店頭でも頻繁に見かけるように感じます。
プリザーブドフラワーは簡単に言うと、生花を専用の液の中に沈めて、水分を抜いた花のことです。
プレゼントにするなら生花を渡したい、貰いたいという人が多いかもしれません。
しかし、プリザーブドフラワーには生花とはまた異なる魅力があるのです。
何といっても「枯れない」ことが魅力です。
生花は咲いている時は美しいですが、時間が経てば枯れてしまいます。
プレゼントで頂いたとしても、最後は美しい形としては残らないのです。
しかし、プリザーブドフラワーならば、一生美しい形として残すことができます。
水につける必要もないので、花瓶だけではなく色々な場所に飾ることもできるのです。
また、生花とはまた違ったアンティークな雰囲気を漂わせる美しさがあります。
大切な贈り物だからこそ、枯れない花を贈ってみてはいかがでしょうか。

もらってうれしい3つの理由

もらってうれしい3つの理由 プリザーブドフラワーは生の花と違って、水をあげなくても枯れることがありません。
特殊な液に漬けて作られるので色も様々なものがあり、自分好みの雰囲気のものを選ぶことができます。
プリザーブドフラワーはプレゼントとしても贈られることが多いです。
もらってうれしい理由には主に3つあります。
まずは花が枯れないことです。
高温多湿の環境でなければ十年以上花の色を保つことができます。
二つ目は水をあげるなどの手間をかけなくて済む、ということがあります。
生花は毎日水を替えたりしなくてはならず、アレンジメントであっても枯れた花から抜かないと全体的に暗い印象になります。
プリザーブドは加工してある花ですので、水を上げる必要はありませんし、日の光に充てる必要もありません。
むしろ直射日光が当たる場所に置いてしまうと色があせてしまうので注意が必要です。
三つ目は花粉症の方でも扱えるということです。
生花でないので、花粉はありません。
部屋に置いても花粉の心配はしなくてすみます。
プリザーブドフラワーは手入れが楽なので、仕事や家事で忙しい方に喜ばれる花となっています。